第四十一番札所に

第四十一番札所  龍光寺

画像の説明

画像の説明

四十番札所から二日間かかって、宇和島の駅ま
で歩く。

歩くのに疲れた。足が痛い。

駅前のビジネスホテルに入る。

ホテルで薬屋さんを聞いて自転車で行く。

夕飯は外で食べないといけないので、美味しい所を教えて貰う。

割烹居酒屋さんだった。

鯛の刺身が旨い。数品注文しながらビールを飲む。
焼きおにぎりが美味しかった。

女将が、帰りに寝酒だと言ってお酒を持たせてくれる。

翌朝、足が痛い。踵が着けないのだ。
無理して歩いたのが悪かったのだろう。

次の札所の近くの駅まで電車で行く事にした。

今日は、四十三番まで打ってから、今治の乗禅寺に行く予
定だ。

JRの駅で大きな荷物を背負った遍路さんに
会う足が捻挫して痛いと言ったら、テーピングをして
くれた。

何となく軽い感じがして来た。

水田の稲を見ながら龍光寺に着く。



第四十二番札所 仏木寺

画像の説明

画像の説明 

参拝を済ませてから次の札所に進む。

参拝をしている時から、ぽつぽつと雨が降って来た。

ポンチョを着る。

仏木寺には龍光寺の裏山を越えて行くのだ。

墓地を抜けて、鬱蒼とした樹林の中を登る。

この遍路道は土の道である。アスファルトでないと本当に楽なのだ。

県道31号線に辿り着く。
この車道を3kmほど行くと札所の佛木寺である。雨は降り続いている。



第四十三番札所 明石寺

画像の説明

画像の説明

仏木寺を出発。

次の札所に向かう。

車道を暫く歩いて左折。

細い道を登って行くと直ぐに大きな溜池が有った。
この横を通って行く。

山道が右に分岐する。遍路道だ。

暫く登って行くと車道に合流する。

石段が有り、ここからが歯長峠を越える遍路道らしい。

歯長峠を越える、結構きつい峠だった。

広い道路に出る。橋の手前に東屋が有った。

手前には、歯長地蔵のお堂が有る。

暫く休憩する。

肱川の橋を渡って広い車道を左に、遍路マーク

通りに歩く。

途中に導引大師のお堂が有った。

少し歩いてから、県道をそれて集落の中の道を行く。
やがて、鬱蒼とした林の道に入る。

四十三番札所の明石寺に到着。

参拝後、三ヶ寺を一緒に巡った方と別れる。

この方、環境省のキャリアだった。
今回、転勤が有るので休暇を貰って来られたらしい。

環境問題に詳しい。

特に、休耕田・・・。

今回の遍路は此処で一時終了。

JR宇野駅より今治に・・・。



第四十四番札所 大宝寺

画像の説明

画像の説明

今回は、四十四番札所からだ。

羽田から松山空港に、JRで松山駅から卯乃町駅に。

ここから出発。

今回は十夜ヶ橋、内子座が特に見学したい所だ。

古い街並みを抜けて大洲まで歩く。

そこから内子まで・・・。内子座を見学する。

古い歌舞伎小屋である。

雨が降っている、ポンチョを着て歩くが暑い。

途中一泊する。

四十四番札所に到着。

雨が凄い。

参拝後、次の札所に。

遍路道は裏の山を下りて行く。

かなり険しい、雨で滑る。峠御堂の入口の所に下りてきた。

水を飲もうとザックに手を掛けたがペットボトルが無い。

きっと滑りそうな時に抜け落ちたのだと思った。

大宝寺を出る時に飲んだのだから喉が渇く。
自販機も無い。

リンゴを販売しているおばさんに呼び止められる。
お接待でリンゴを頂く。

今夜の宿に着いたが入れないので、先に次の札所の
岩谷寺まで行く事にする。

(内子座)
画像の説明

画像の説明


第四十五番札所 岩屋寺 

画像の説明

画像の説明

舗装道路の歩道を歩き、岩屋寺の看板を見て、
右の橋を渡る。

細長い坂の道が続く。

足が辛い。

本堂に辿り着く。

梯子で登る仙人窟にも登って見た。
素晴らしい。

参拝後、来た道を帰り今夜の宿に。

        (仙人屈梯子段と仙人屈からの眺望)

画像の説明

画像の説明 



第四十六番札所 浄瑠璃寺

画像の説明

画像の説明 

四十六番札所に到着。

三坂峠越えはきつかった。

ここで二人の若い青年の遍路に会う。

納経所で次の宿を教えて貰うが、都合の良い所が
無いらしい。
途中の駅から電車で松山まで行って翌日、戻ると良い
と言われる。

次の札所に出発。

画像の説明


第四十七番札所 八坂寺

画像の説明

画像の説明

八坂寺に到着。

四十六番からは0.7kmである。

札所が近いのは嬉しいものだ。

このお寺は本堂が鉄筋コンクリートで出来ていた
ので驚いた。

次の札所に出発。



第四十八番札所 西林寺

画像の説明

画像の説明

西林寺到着。
四十七番札所から4.5km。

西林寺までは4.5km、八坂寺からは田んぼの中の
細い道を歩き、それから車道に出る。

車道を少しだけ行くと左にお堂があって、これが
文殊院であった。

これは遍路の元祖といわれる衛門三郎の屋敷跡なんだそうである。

そういえば十二番札所の焼山寺を過ぎたところに「杖杉庵」
というお堂があったけど、あれは衛門三郎が力尽
きた所だった。

彼はここから歩き始めた訳で有る。

県道40号線に出て、久谷大橋を渡り、高速の高架
をくぐると西林寺は近い。

車道から右の細い道に入
って、真っ直ぐに10分ほど行くと西林寺の山門が
正面に見えて来た。

実は、高速道路の下で自転車を止めて、お財布の
中を探している年配の女性を見かけた。

たぶんお接待をされるのではないかと思い、急ぎ足で通り越し
て来た。
思い過しだろうか。

お賽銭は何となく嫌だ。



第四十九番札所 浄土寺

画像の説明

画像の説明

四十九番札所に到着。

昨日は、久米の駅でタクシーに乗り、泊まる所を
紹介して貰い連れていって貰った。

ビジネスホテルで、安いのは良いのだけれど、
TVもお金を入れないと観られない状況のホテル
だった。

今時、コインタイマーのテレビは珍しいと思う。

まぁ、洗濯が出来ただけ良いとしよう。
翌朝。

松山から、電車で久米駅まで来る。

浄土寺は直ぐそばに有る。

参拝を済ませて、次の札所に・・。



第五十番札所 繁多寺

画像の説明

画像の説明

五十番札所に到着。

四十九番札所から1.7km。

遠くないのが嬉しい。
ここまでに来るのに、お墓の中を通り住宅街を抜けたり
して来た。

山門の写真を撮りたいのだが観光バスの団体の人が
中々どいてくれない。

観光気取りの巡拝はして欲しく無い。
我慢をして、いなくなるまで待つ。

境内に入り参拝する。

広くて大きなお寺だ。

山門の外で、アイスクリンを売ってるおじさんが、
ジュースとゼリーを接待してくれる。

アイスクリンを食べた・・・。二回目である。

五十一番札所に向かって出発。

石手寺まで2.7kmだ。


第五十一番札所に
第六十一番札所に
第七十一番札所に
第八十一番札所に

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional