ひとり言/複製

ひとり言/複製

a:1 t:1 y:0

ひとり言

2016年2月20日

裏の事情が・・・・。
何と無く読んでいた週刊誌の記事の中から・・・。

「シャープ救済劇」鴻海に水をあけられ官僚のプライドはズタボロ。それでも天下り先確保は諦めない!

現代ビジネス 2月20日(土)8時1分配信

 シャープ救済劇のニュースが連日大きく報道されている。

 今回の救済劇の本質を短いフレーズで表せば、「国威発揚を喜ぶ」「右翼安倍晋三首相の威を借りた」「外資嫌いの」「経済産業省介入派官僚による」「古色蒼然たる」「日の丸戦争ごっこ」ということではないか。

 シャープは、高度な液晶技術を売りにした優良企業だったが、韓国のサムスン、LGに追い抜かれ、経営不振のピンチに陥った。そこに経産省が登場し、傘下の官民ファンド・産業革新機構が救済する方向となっていた。

 革新機構は銀行に事実上の債権放棄を含め3500億円の金融支援を求め、自らは3000億円を出資するとした。その上で、シャープの液晶事業は分社化して、やはり革新機構が大株主となっているジャパンディスプレイ(日立、東芝、ソニーの液晶部門を統合した企業)と統合し、白物家電部門は東芝の家電部門と統合するという「日の丸連合」案を高らかに掲げた。

 一方、台湾メーカーの鴻海精密工業は7000億円もの出資を提示し、銀行の債権放棄は不要、経営陣も温存し、大規模投資でシャープブランドを活用した復活を期すという案を示した。液晶事業はシャープとの共同事業である堺工場と統合、その他の部門は太陽光発電関連を除き、切り売りはしないという。額面通りに受け取るならば、こちらの方が魅力的なはずだ。

 それなのに機構案が優先されたのは、「国威発揚」を目指す「右翼」安倍総理の「威光」を「古色蒼然」たる経済産業省の「介入派」官僚がうまく利用したからだろう。

 関係者に、「官邸の意向」と称して、「シャープを外資に渡すな」と言えば、恐ろしい安倍政権に逆らう者はいない。

 経産省の中で主流の「介入派」官僚達は、本気で「自分たちが一番優秀だ」と思い込んでいる。シャープも東芝も「馬鹿な経営者と出来の悪い金融機関では必要な改革ができない」ので、「自分たちが叩き直してやるしかない」と考えたのだ。

 そんな彼らは、「日の丸連合」の大見出しが新聞に躍るたびに欣喜雀躍していた。しかし、彼らの救済案は、「日の丸」にこだわっただけの単純な救済合併と事業切り貼りの案に過ぎない。鴻海のカリスマ経営者の郭台銘董事長がシャープの社外取締役や銀行陣にダイナミックな再建案を示すと、機構案は一気に色あせてしまった。

 鴻海に逆転を許して、経産官僚のプライドは打ち砕かれた。しかし、林幹雄経済産業相は5日の閣議後の記者会見で、「産業革新機構はシャープの要請に応えた」だけで、「鴻海と買収合戦」をしたわけではないと、経産官僚が作ったメモを読み上げた。決して負けを認めないのも彼らの特性だ。

 実は、経産省にはまだ大きな関心事項がある。シャープの天下りポストだ。鴻海傘下に入ればこれを失う可能性が高い。

 事業再生の世界では、「下駄を履くまでわからない」というのが常識。今後の最終調整段階で問題が生じれば、経産省はそれに乗じてまとまりかけたディールをひっくり返そうとするだろう。官僚はどんなときでも自分達の利権の維持・拡大を諦めることはないのである。

 『週刊現代』2016年2月27日号より
.
古賀 茂明
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160220-00047953-gendaibiz-pol


2016年2月12日

ここが凄いのコーナーをお読み下さい。

数日間で起きた国会議員の行動と発言です。

情けないと思いませんか。

税金で高い歳費を使っているのです。

歯舞を読めない「島尻安伊子沖縄北方担当相」。

国会議員の奥さんが出産のさなか浮気をしたのが報道された

自民党の宮崎謙介衆院議員(35)。

丸川珠代環境相は12日夕、国が東京電力福島第1原発事故に伴う除

染の基準値としている「年間被ばく線量1ミリシーベルト」につい

て「何の根拠もない」などと語ったとされる問題で、発言を認めた

上で撤回した。訳も分からなく話をした、丸川氏。

こんな国会議員しかいないのだろうか。


2016年2月6日

一斗缶の燻製器でゆで卵・チーズ・ウインナー・竹輪

の4種類を燻製にしてみました。

ゆで卵には二日前から出汁としょうゆで味付けをしていました。

簡単に出来るとは思っていませんでしたが・・・。

難しいです。

煙が出て来る時間とか燻煙の時間とか温度です。

ネットにも経験された方々の報告が掲載されているのですが。

数回、経験してみないと分からないです。

楽しんで、美味しく出来る様に頑張ります。

外でするので寒かったです。


2016年2月3日

あっと、言う間に二月になりました。

一月は、お酒を飲む機会が多かったです。

新年会、お付き合い・・・・。

高校の時の友人の新年会もまだです。

毎年、幹事役になっていますが、昼に集まりますから会場が

少ないのです。

夜ならいくらでもあるのですが。

遠方からの参加者がいますから、遅くなる事は出来ないのです。

昨年の暮れに、一斗缶を手に入れました。

行き付けのお寿司屋さんで頂いたのです。

一斗缶薫製器を作るのです。

先日の休みの時に作りました。

サンダーで蓋をカットして、下の方に扉を付けました。

中に食材を乗せる網を置く様に螺子で細工して出来上がりました。

今日は、試しにチップを入れて燻製器を使ってみようと思います。

ゆで卵、チーズ、ほたて、肉とか魚も美味しいそうです。

酒のおかずに最適かと思います。

なんだかんだと忙しいのですが、考えて作る事が愉しいです。

ボケ防止だと思っています。


2016年1月27日

17日の観音様の信者さんのお接待に大根と

こんにゃくの炊いたのを振舞います。

16日の朝から用意をして炊きだします。

大根は、お寺の畑で作った無農薬の大根です。

味がしみ込んで美味しいです。

撮影した時には、もう残り少なくなっていました。

画像の説明
画像の説明


18日は、数日間のご祈祷の後で綺麗に整理をしました。

護摩壇上の法具を全て下げて綺麗にします。

画像の説明
画像の説明


2016年1月23日

15日から20日まで、愛媛県今治市に所在するお寺のお手伝い

に行って来ました。

お寺の行事が17日にありました。

今年、初めての観音様の祈願祭があります。

観音様を信仰されてる方々の諸祈願・ご祈祷を護摩堂で護摩を焚き

お祈りします。

関係あるお寺のご住職方々も多くお手伝いに来られます。

護摩堂での大護摩祈祷に続いて本堂での大般若法要も行われまし

た。

お坊さんのお仕事は出来ませんから、前後のお掃除等のお手伝い

を行います。

護摩壇のお掃除等、通常では経験が出来ないと思います。

今年のお手伝いも順調に済ませられました。

今年も元気で平和に暮らせる様に祈願して来ましたから元気で

過ごせると思います。

お寺は、寒いですよ~。


2016年1月10日

おはようございます。

先日、新年の祝いをしたかと思ったら・・・。

もう、十日です。

明日は、成人式です。

成人式は何年前だったのか、計算するのも昔の事になりました。

何かを夢見て成人式を迎えていたと思います。

生活のため、会社のため、仕事のため、家族のためとか

色々な事で年月は過ぎてしまいました。

まだまだ、夢を見ながら暮らして行きたいと思っています。

お年賀に、四国巡礼の逆打ちで残すお寺は三十ヶ寺だと

連絡がありました。

私より高齢だったと思います。

頑張っている事に敬意を表してしまいました。

勇気が湧いて来ました。

四国歩き遍路、再度の挑戦を考えるかな~。


2016年1月2日

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します。

皆さまは、良いお年を迎えられた事と思います。

今年の一年間、皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げます。

私のひとり言は、老人の戯言と思いお聴き逃し下さい。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional